弊社のサービス

当事務所が提供するサービス

当事務所は、巡回監査の実施により、お客様と毎月面談し、会計資料並びに会計記録の適法性、正確性及び適時性を確認します。これにより、経営者の意思決定に役立つデータを提供し、会計、税務や経営面のアドバイスを行います。
経営面のアドバイスでは、毎月の面談等を通して得られるお客様からの情報や『TKC経営指標』の同業他社比較等によって、お客様の強みや経営課題等を分析・報告します。
決算書作成・納税申告書作成では、中小会計要領に準拠した信頼性の高い会計データを使用し、社会的にも高く評価される決算書と納税申告書を作成します。

1.毎月の訪問・巡回監査

写真:税務業務のイメージ

会計士が毎月貴社を訪問。毎月お会いすることで、経営者様や経理現場の悩み・課題にもきめ細やかな支援を目指します。
毎月お会いするからこそ「気心の知れた会計士にいつでも気軽に相談できる」とお客様からもご好評いただいています。

事業承継に向けた準備が必要かどうか、これから事業を拡大するためには何をしていけばいいのかなど、戦略的な経営をしていくための情報把握や準備のご相談にも親身に対応いたします。


2.業績管理体制を省力化&合理化

写真:税務業務のイメージ

毎月の巡回監査時には、経理担当者様と会計記録の仕方や、資料管理の方法などもしっかりと確認。信頼性の高い会計事実を積み上げるための経理業務体制づくりを支援します。
また、クラウド会計や「TKC戦略財務情報システム(FXシリーズ)」(e21まいスター等を含む)を使った自計化もしっかりサポート。
システム導入からのお客様に対しては、月次訪問とは別にセットアップや使い方の指導も行います。

3.業績管理体制や経営計画策定もサポート

写真:税務業務のイメージ

正しい経営判断のためには、正確かつタイムリーな経営数字の把握と毎月の目標設定・確認が欠かせません。

月次の巡回監査では、毎月一緒に月次損益を把握することで経営課題を正しく把握。目標に対する実績の進捗状況を確認していきます。継続MASシステムを導入し、根拠ある数字に基づいた経営状況の把握・軽々計画策定を進めることで、事業発展・安定経営に向けた、経営者様の意思決定を応援します。

4.「記帳適時性証明書」とTKCモニタリング情報サービスで金融機関からの信頼もUP

●「記帳適時性証明書」とは

写真:税務業務のイメージ

融資を受ける際、金融機関は事業者の決算書データを使用し、審査を行います。
金融機関の信頼性を高め、融資を取り付けるためには健全な経営数字はもちろんのこと、決算書の信頼性も大切です。

お客様には、株式会社TKCが発行する「記帳適時性証明書」を提供。決算書の信頼性をすぐに金融機関が確認できるため、スムーズなご融資取り付けを支援。

<「記帳適時性証明書」に記載されること>

  1. 当事務所による巡回監査と月次決算、そして年次決算の実施日
  2. 決算書の利益と法人税申告書の利益が一致している事実
  3. 「中小企業の会計に関する基本要領」(又はまたは指針)への準拠性
  4. 中期(または短期)経営計画策定の有無
  5. 自計化システム(FXシリーズ)の利用の有無
  6. 税理士法第33条の2に基づく書面添付の有無
  7. 当事務所が「経営革新等支援機関」に認定されているかどうか
  8. 株式会社TKCによる会計データの改ざんにつながる遡及処理(追加・訂正・削除)がないことの第三者証明

※「記帳適時性証明書」の発行には一定の条件がありますので、詳しくは当事務所にお尋ねください。
※なお、一定の条件の下「記帳適時性証明書」を付した企業に対して、融資の金利を優遇する金融機関があります。

●TKCモニタリング情報サービスとは

画像:クラウドサービスのイメージ

全国のTKC会員(税理士・公認税理士)が毎月の巡回監査と月次決算の実施により作成した財務情報を、金融機関に開示するクラウドサービス(無償)です。
月次決算・年度決算書をタイムリーかつ自動的に金融機関に開示するため、融資申請時に都度経営資料を提出する必要がありません。金融機関からの貴社の信頼性も高まります。

●決算書・申告書提供の事務負担を軽減します

決算書・申告書のコピーを用意し、金融機関に郵送・持参する手間が無くなります。

●貴社に対する金融機関からの信頼が向上します

税務署に電子申告した財務情報と同じデータが金融機関に開示されるため、財務情報の改ざんの余地がありません。また、これらの財務情報は、TKC全国会会員が毎月の巡回監査と月次決算を実施したうえで作成した信頼性の高いものです。


信頼度の高い財務情報の開示が、貴社に対する金融機関からの信頼を向上させます。

●早期の融資判断につながります

自社の最新の経営状況を金融機関にタイムリーに開示できます。このことが、金融機関とのより深い対話や、早期の融資判断につながります。


ご利用の流れ

(1)お問い合わせ(電話・もしくはメールで)

写真:電話のイメージ

まずは気軽にお問い合わせください。

(2)初回面談・お打ち合わせ

写真:お打ち合わせのイメージ

税理士が直接伺い、貴社の課題や経理体制、お悩みを丁寧にヒアリング。どんなサービスが必要か、プラン内容を一緒に検討しましょう。

(3)プランとお見積書をご提出

写真:税務業務のイメージ

お打ち合わせに基づいて、初回面談から約2〜3営業日で見積書をご提出します。

(4)サービススタート

写真:税務業務のイメージ

会計システムの導入や経理担当者へのご指導も含めて、丁寧に会計システムの導入からサポート。
その後は毎月1回〜の訪問・巡回監査で、正確な月次損益の把握や経営者の意思決定をサポートします。